<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2月はBigイベント盛りだくさん!

日付順で!

まずは2月16日
渡辺淳一文学館にて、札幌で最高のリペアマンこと津田さんが企画する音楽イベント!
f0227484_2218173.jpg


そして23日
なんと、渡辺貞夫さんコラボのビックバンドのコンサート!
メンバー全員が北海道のトップアーティスト!!
f0227484_2251125.jpg



翌24日
ジャズ喫茶の老舗Bossaにて、とっても尊敬しているジャズギタリスト岡安芳明さんとのデュオライブ!
f0227484_22292385.jpg


いずれもチケットありますので、お気軽にkitamibass@gmail.comまでお願いいたします!
他にもライブハウスでの演奏などたくさんありますのでスケジュールにて随時アップいたします。
[PR]

by takumi-awaya | 2013-01-28 22:52 | Jazz | Comments(2)

糸巻きのネジ


レトロなネジらしく、やっとの思いで見つけたネジが本日届いたのでした。
ネジも新しくして気分もピカピカであります。
古いと外す時に途中で折れてしまったりもします。これで安心。

上の写真がつけたあとで下がつける前。

f0227484_19423868.jpg

f0227484_19423937.jpg

[PR]

by takumi-awaya | 2013-01-25 19:37 | Comments(0)

糸巻き

またベースの話ですが、演奏の無い日にベースのお手入れをと思い、
前々から動きの鈍かった糸巻きをお手入れする事に。

なぜにぶいのか〜と思ってよく見ると意外と大変な事になっていて、
ちゃんとな治るまで二日を要しました。
直さないとチューニング出来ないのであせったな〜
買い替えも考えたのですが、新品のちゃんとしたやつは結構高い!
今着いてるのの同じレベルの物は海外にしか無く5〜6万はしてしまう。。
ビカビカの糸巻きもかっこいいよな〜なんて思ったりしてました。
このサイトのはこんとかっこいい。↓
http://www.gallerystrings.com/accessories/machine_heads/index.htm

と、考えているとひらめいた!
今の糸巻きを磨いてみよう!!

んで、こうなりました↓
f0227484_23563463.jpg

左before 右after

いぇ〜い。
オリジナルの糸巻きはそのままでピカピカになりました。
若干くすみは残ってますが、高級感もありバッチリかっこ良くなりました。
この楽器についている糸巻きは100年ほど経たつにも関わらず今まで交換されてなく、
かつ、高級糸巻きだったので正直交換は悩みどころでした。

心機一転、これからの経年変化が楽しみ。
[PR]

by takumi-awaya | 2013-01-18 00:11 | Bass | Comments(0)

A Happy New Year!!!

ついにまた新しい年がやってきました。

これからの目標などいろいろ考えていらっしゃる事でしょう。
わたしも考えております。妄想というか。
ぱっと考えつく事をいくつか書いてみようかな。

1、練習。
2、NYへの資金作り。主に節約w
3、英語。

くらいしかないか笑
どうやって向こうに行こうか。やっとこ気分が向いてきて考え始めました。
ピザはマルゲリータ1枚だとかなんだとか。?

それはともかく!

この記事のカテゴリーがBassになっていることに気づいたかね諸君!
って下に書いてあるから気づく分けないか〜。

そうなんです。実はビックニュースがあります。私事ですが。。
なんと楽器変わりました。

色んな事情と出会いがあり、一ヶ月ほど前に入れ替わりました。
とても相性のいい感じで、最近は弾きなれてきてそれなりに演奏出来るようになりました。
まずは写真をどうぞ↓

f0227484_20154960.jpg


f0227484_20191098.jpg


今回の楽器はフランス製の100年くらい前の楽器で、工房の名前もちゃんと入っております。
マニアックな話になりますが、
大きさは同じコントラバスでもたくさんサイズがあり、なかでもこれは小振りな方で色もちょい濃いめ。二枚目の写真のヘッドの糸巻きボックスが裏まで筒抜けになっているという滅多に見ないデザイン。(普通はただのくり抜き)
かなりなで肩でフランスの楽器によく見るシルエット。制作者はイタリアン名器のコレクターだったらしく、作りもかなりしっかりしていて、なによりも音が素晴らしい。ボディーの大きさからは想像出来ない鳴り方をします。弦はもちろん愛用のガット弦(EAは巻きガット)
今まで色んな楽器を弾かせてもらいましたが、こんな好きな感じで鳴ってくれるベースにはもう出会う機会は無いと思ってしまうくらい惚れてしまい、どうにか譲って頂いたので、ずーっと大切に弾いていこうと思います。これまで弾いてきた方の愛情もたっぷり感じる楽器です。

さ、これからまだまだ弾きこんでもっと鳴るようにしたいと思います!
[PR]

by takumi-awaya | 2013-01-10 20:43 | Bass | Comments(2)