糸巻き

またベースの話ですが、演奏の無い日にベースのお手入れをと思い、
前々から動きの鈍かった糸巻きをお手入れする事に。

なぜにぶいのか〜と思ってよく見ると意外と大変な事になっていて、
ちゃんとな治るまで二日を要しました。
直さないとチューニング出来ないのであせったな〜
買い替えも考えたのですが、新品のちゃんとしたやつは結構高い!
今着いてるのの同じレベルの物は海外にしか無く5〜6万はしてしまう。。
ビカビカの糸巻きもかっこいいよな〜なんて思ったりしてました。
このサイトのはこんとかっこいい。↓
http://www.gallerystrings.com/accessories/machine_heads/index.htm

と、考えているとひらめいた!
今の糸巻きを磨いてみよう!!

んで、こうなりました↓
f0227484_23563463.jpg

左before 右after

いぇ〜い。
オリジナルの糸巻きはそのままでピカピカになりました。
若干くすみは残ってますが、高級感もありバッチリかっこ良くなりました。
この楽器についている糸巻きは100年ほど経たつにも関わらず今まで交換されてなく、
かつ、高級糸巻きだったので正直交換は悩みどころでした。

心機一転、これからの経年変化が楽しみ。
[PR]

by takumi-awaya | 2013-01-18 00:11 | Bass | Comments(0)